選ぶ責任、選んだ責任

病気になって医者に見てもらわなければならないとき、手術をしなければならないとき、あなたはどうしますか。私は、自分の責任において、信頼できる医師をさがして選び見て頂きます。もしも手術をして死ぬことになっても構わないと思える医師をさがして選び手術をして頂きます。たとえ死んでも自分で選んだ医師であれば選んだ責任がありますから悔いは残りません。ピアノや声楽の指導者選びも同じだと思います。自分の責任において、子供の場合は親の責任において、指導者をお選び頂きたいと思います。数ある教室の中から自分にあった、子供にあった、指導者をさがし選ぶのはとても難しいと思いますが、真剣に探せば自分に、子供に、あう指導者にであえると思います。