趣味も専門も基礎はしっかりと。結城美帆子

「趣味で少しピアノが弾ければいいです」とおっしゃる方がいるのですが、趣味でも専門でも基礎は同じなのです。

導入期に基礎をしっかりやっておかないと、ピティナピアノコンペティションで地区予選を通過するのは難しいのです。

ただ、基礎は楽しくないので、親御さんの協力がないとできないのです。

まずは、ピアノを弾く手の形を身につけます。

ピアノを弾く手の形ができるようになるまで、ピアノは弾きません。

ピアノを弾く手の形ができるようになったら、ピアノの鍵盤で形を作ります。

次に、お指の指定席を覚えます。

並行して、譜読みやリズムを学び、楽譜に書いてある全てが口で言えるようになったら、始めてピアノを弾きます。

今ピアノを楽しむレッスンと、生涯に渡りピアノを楽しんで頂くレッスンは、違うのです。

私は、生涯に渡りピアノを楽しんで続けていけることを目的にピアノを教えておりますので、一般の生徒さんは、手の形から指導します。

発達障害のお子様は、そんなレッスンをしていたらピアノをやめてしまいますので、別な指導をしております。