貴乃花親方の引退を無念に思いますが、親方は信念を貫きたかったのでしょうね。結城美帆子

貴乃花親方は、努力に努力を重ねてきた人ではないかと思います。努力をして結果を出してきた人なのに、残念ですね。努力や信念だけでは、どうにもならないことがあると言うことですね。私自身、猪突猛進型で、努力と信念だけで生きていた時もございましたが、或る時、信念に基づいて命をかけて戦っても、倒したい相手はたくさんいるのに、自分の命は一つしかないので、一つ一つ真正面からぶつかっていったら、疲れはて勝目がないことに気付きました。そんな中、「ピアノさえあればいい」と思えるようになり、今に至っております。世の中、出る釘は打たれますからね。世の中を生きて行く為には、世渡りの英知を身に付けることも必要なのかも知れませんね。音楽の業界でも、世渡りの上手な人がおります。貴乃花親方のように実力がある人は、ひがまれたり煙たがられたりするのでしょうね。一代年寄って、誰でもなれるわけではないようで、過去には、大鵬親方の大鵬部屋がありましたね。私の亡き祖父が相撲ファンだってので、よく話を聞かされておりました。貴乃花潰しだったのでしょうね。貴乃花親方も、結果的に策略に乗せられてしまった形になったのでしょうね。世渡りを伝授してくれるブレーンは一人もいなかったのでしょうか?残念ですね。