親の経済的な理由でピアノを習いたくても習わせてもらえない方へ。結城美帆子

心から習いたいと思い、やる気がある方は、レッスン料金の相談に応じますので遠慮なくお問い合わせくださいませ。親の経済的な理由で子供の可能性を潰してしまうのは如何なものかと思うのです。なぜなら、子供が心からやりたいと願うものには、秘められた才能を持っている場合が多いのです。私が高校生だった頃は、特にサラリーマンの家庭の子供は国立の大学しか受けさせてもらえないと言う家庭が多く、国立の東京藝術大学に合格できなかったら国立の茨城大学の教育学部しか受験させてもらえないと言う人がおりました。東京藝術大学の教授や桐朋音楽大学の教授のレッスン料は安くはないですが、やる気があればお金に関係なくレッスンをしてくださる先生もおりますし、特待生もあります。