苦手な人。結城美帆子

ピアノを教えたり、精神分析療法を行う上で、苦手と言う人はいないのですが、体験レッスンは質問の時間も含めて30分(障害がある方の場合は40分〜50分で5,000円)なのですが、時間が過ぎてから質問をしてくるような人がおり、このような方は苦手です。私は、忙しくは有りませんが、暇でも有りません。時間に追われて生活するのは嫌なので、忙しいと思う状態での仕事はしたくないのです。時間は、誰にでも平等に24時間あります。24時間を私主導で使いたいのです。業務でのメールや電話を嫌と言っているわけではありません。自分にとってプラスにならないメールや電話に時間を奪はれるのは嫌ですね。時間がもったいないです。だって、時間は、限られているのですよ。限られた時間を精一杯生きたいと思っているので、時間を無駄に使いたくないのです。私にとってどれだけ時間をかけてもプラスにならないことは、無駄な時間なのです。建設的なことには、時間もお金もかけますし、もったいないとも無駄な時間とも思いませんから、コンペティションに参加している人たちに対しては、レッスン時間が過ぎても、無料で相談を受け付けたり、別な日に相談に乗ったりしますが、無料です。私が相談に乗ることでプラスになるからです。ご入会された生徒さんに対しては、メールでの相談も受け付けており、必ず返信しております。生徒さんに対しては、メールでの相談は無料で行っております。でも、あまり頻繁に相談されますと対応しきれなくなる場合あると思いますので、なるべくはレッスン時間内に相談してくださいね。宜しくお願い致します。メールにより相談も今のところ無料で行っておりますが、業務の一環なので、宜しくお願い致します。