自閉症スペクトラムの生徒

自閉症は、以前、知的障がいを伴うカナー型と伴わないアスペルガー型に分かれていたので、指導案の作成がそれほど困難ではありませんでしたが、現在は自閉症スペクトラムと一つになってしまいましたので、子供をよくよく観察しないと、どの様なレッスンが可能か見えてこない。親も色々で、自分の子供の能力を過信し過ぎている様に思える親もいる様ですし、反対に慎重になり過ぎている様に思える親もおります。普通学校を選ぶのか、特別支援学校を選ぶのか、決定権は子供本人ではなく親にあるので、子供の幸せを第一に考えて選んで頂きたいと思います。私はピアノを教える事しか出来ないので、音楽的な才能を引き出して伸ばす事しか出来ないのです。