自閉症スペクトラムの小学1年生の男の子のレッスンがありました。結城美帆子

当教室顧問で精神分析家の向井先生のアドバイスがあった為、レッスン室に入ってきた時に「今日は、音符とピアノ、どっちからやりたい」と聞きましたら、すぐに「ピアノ」と言いましたので、ピアノのレッスンから始めました。知的障害も有り、カナー型自閉症のお子様ですが、ピアノを弾くのは楽しそうです。習い始めた頃は、指の力も弱く、4番5番の指は使えなかったのですが、今は左右どちらも1番〜5番まで全ての指で弾けるようになりました。バステインの教則本を使ってレッスンしております。その他に、鈴木メソッドの「キラキラ星」を使って、脱力の練習やリズムのレッスンをしております。少しづつですが、確実に弾けるようになっております。キラキラ星を2台のピアノで一緒に弾いてあげると、とても嬉しそうで、ニコニコしながら弾きます。生徒さんの笑顔は、私にとっての1番のよろこびです。嬉しいです。