自閉症スペクトラムの子供のピアノのレッスン

今は、自閉症と言っても色々な症状があり、以前は知的障がいを伴うカナー型と知的障がいを伴わないアスペルガー型に分かれていたのですが、現在は自閉症スペクトラムになってしまいましたので、指導案を作成する時、保護者の話を鵜呑みにすると、レッスンが上手くいかない事が多々あります。カナー型の生徒とアスペルガー型の生徒に同じレッスンは不可能なので、その子その子の状態を把握しないとレッスンは上手く行きません。私の教室には、自閉症以外の障がいがある生徒も多数レッスンをしておりますので、非常に大変ではありますが、障がいがある生徒たちが、少しづゝですがピアノが弾ける様になるのを見ていると、とても嬉しく思うのです。