自閉症スペクトラムのお子様の体験レッスンがありました。結城美帆子

以前は、自閉症とアスペルガーは別でしたが、今は一色単に「自閉症スペクトラム」と言う診断名になりましたので、実際にお会いして見ないとレッスンが可能かどうかがわからなくなりました。多動が激しく抑制が難しくけがをする恐れがあるお子様は、レッスンをお断りさせていただく場合もございます。自傷行為が激しくお子様の場合も成長して落ち着いてからレッスンをお始めになられることをお勧めしております。障がいがあるお子様の親御さんの中には、わらをもつかむ思いで体験レッスンにお越しになられる方もおりますが、障がいがあるお子様に限らず、健常のお子様でも、お子様の成長は個人差がありますので、一概に何歳から始めるのが良いとは言えないのですが、本人がピアノを弾きたがっていることが大切なのです。本人が「ピアノを弾きたい」と思う時が一番の始め時です。