自閉症スペクトラムについて。結城美帆子

今は、自閉症スペクトラムになってしまいましたが、元々はカナー型とアスペルガー型が有りました。

多くの場合、カナー型は知的障害も有りますが、アスペルガー型は知的には問題がない子が多いようです。

当教室にお子様をお連れになられる親御さんは、全員が「自閉症スペクトラムと」申します。

知的障害が有無で指導方法が変わるので、当方が子供の状態を見極めなければならないのが現状です。

本当は、医師に見極めて頂きたいところなのですが、医師はDSMの診断基準にのっとり診断をしているので、カナー型かアスペルガー型の診断はできないのでしょう。

知的障害が無いアスペルガー型の自閉症の子供は、医者の診察を受けることはまずないので、発見が遅れるようです。

私は、自閉症の子供もたくさん見てきましたので、アスペルガー型自閉症の特徴がわかるようになりました。

これまでも、数名アスペルガー型自閉症のお子さんがレッスンに来ており、現在も数名アスペルガー型自閉症と思われる生徒がおります。

私は医師ではないので、法律上、診断はできませんので、親が申告をしてこない限り一般の生徒と同じ指導をするしかありません。

アスペルガー型自閉症の子供は、ニューロンのつながりに問題があるようなので、時間をかけて導いてあげれば理解出来るようです。

アスペルガー型自閉症の子供に教える場合は、ピアノ以外のことでもですが、待つことが大切です。

こちらは同じことを言っているつもりでも、アスペルガー型自閉症の子供は同じに思えないのです。

例えば、音符の数え方や音価を教えるとき、一般的な子供は四分の二拍子でドの二分音符を数えながら弾くとき「ドおおお」と「ドーとー」「ドおとお」「ドと2と」言葉は違うけど音価は全てが同じということが理解するのに時間を要します。

言語というのは、意味が理解出来るということなのですが、自閉症の子供は言葉の意味が理解できない場合があるようです。

精神分析でいう「自閉症者は言語の世界へ入れない」ということの証です。

アスペルガー型自閉症の子供は、カナー型自閉症のように知的に問題があって言葉の意味がわからないということではないようです。

言葉の意味って、色々つながりがありますが、つながる回路と言いますか神経と言いますか、つながるのが遅いだけのようですから、本人は考えていないわけではなく一生懸命に考えているけど、考えているうちに次のことを言われると頭がパニックになり、結果、緘黙するか、破壊行動になるかになるように思います。

個人レッスンの場合は、待つことができますが、学校の授業は待ってくれませんから、パニックを起こして授業中走り出したり、ハサミを投げるような子供も出てくるのでしょうね。

緘黙は、外に出さずに、内にこもって抵抗しているのではないかと思います。

アスペルガー型自閉症の子供は、時間をかければ、ピアノのレッスンで自閉症を改善することが可能です。