自閉症の男の子のレッスンがありました。結城美帆子

知的障害もある自閉症スペクトラムの年長さんの男の子です。私とレッスンをはじめて2年が過ぎました。自分で「ド」の位置を探すことを覚え、ドからソまでを1番の指から順に弾けるようになりました。できるようになると、楽しいのでしょう、何度もドレミファソを弾いていました。障害があっても、ピアノは弾けるようになります。障害があっても、ピアノを弾いて楽しめます。あせらず、待つことも必要な時もあり、大切なことです。