自閉症の生徒から学んだこと

当教室には、言葉が出せないお子様やコミュニケーション能力が低い自閉症の生徒が数名レッスンをしております。自閉症の生徒は、教え込もうとすると、どんどん閉じ込もってしまうので、本人が望んでいることを想像しながらレッスンを進めて行きますが、健常者でも同じ事が言えるのではないかと思いました。指導、教えることって本当に難しいです。すぐに弾きたい曲が弾けると想像してピアノのレッスンを申し込まれてくる方がいらっしゃるのですが、順をおって学んでいかないと弾けるようにならないので、想像していたことと違い戸惑っているように思える生徒に対しては「ねこ、ふんじゃった」や、「チューリップ」などを弾いて楽しめるようにレッスンをしている。