自閉症のお子様の成長。結城美帆子

ピアノを教えていて嬉しいのは生徒の皆様の成長です。3月は年度の終わりなので、1年間の反省をして、新年度の指導計画を作成します。ピティナピアノステップや検定を受けている生徒さん達は、客観的にレベルアップしたことが把握できますが、まだ参加できないレベルの生徒さん達は客観的なレベルの把握はできませんが、どの生徒さんも皆1年間の成長を実感致します。少しづゝではありますが、昨年の今頃はできなかったことが今年はできるようになっていることがありますので、確実に一歩一歩成長しているのがわかります。ただ、障がいがあるお子様ではないのですが、数名気になるお子様もおります。失敗を恐れてなのか、確実に自分でできると思えることしかしようとしない生徒さんや、ミスをするとすぐに親の顔を見る生徒さんなどです。