自立

コンクールは、自立の一歩です。

足台が不要になった小学6年生が、コンクールで椅子の高さの調整を自分でやらず親御さんがされた方がおりましたが、私の正直な気持ちとしては如何なものかと思いました。

子供が不安がっているのであれば、椅子の調整の練習を一緒にするなどしてできるようにして自信をつけ、子供に安心を与へ自分でできるように導いてあげるほうが子供の成長の為には良いのではないかと思います。

子育ては、それぞれのご家庭で異なると思いますので、親御さんから、コンクールで、足台が不要になった子供の椅子の調整を親がやってもいいかと問われれば、ダメとは言えないですが、恥ずかしく思います。