自己承認欲求。結城美帆子

人間には、自分のことをわかって欲しいという「自己承認欲求」があるようです。

生まれて初めて実感しております。

自閉症の子供にピアノを教えていて「なぜ、わからないのかな?何でわかってくれないのかな?何がわからないのかな?」と❓マークばかりが出てきて、親も本人は気づいていないかもしれないけどアスペルガー型自閉症者だったりすると、親子で私が言っていることの意味の理解ができないから、私が変ということになってしまうので、どうしてわかってくれないの?という思いが強くなってしまい、欲求不満に陥ってしまいます。

「こんなに一生懸命に自閉症の子供に教えているのに、私の苦労を誰もわかってくれない」とか思ってしまう時があるのです。

仕事ですから、一生懸命に教えるのは当たり前のことなのですが、人間が頑張れるのは、金銭的な報酬だけではなく、精神的な報酬も得られるからではないかと思います。

精神的な報酬とは、努力をわかってもらえることなのではないかと思いました。

努力したことで成果を出すことができ、自分を承認してもらえることで、承認欲求が満足できる。

多分、子供のピアノの練習も努力が必要ですが、子供が努力をすることで得られることが有るか無いかで努力をするかしないかになるかもしれませんね。

努力をするには、努力する目的が必要みたいです。

この年齢になっても学ぶことがたくさんあります。

自閉症の子供にピアノを教える経験がなかったらわからなかったことです。

感謝ですね。

頑張れそうです。

みんなに感謝です。

有り難うございました。