自分のことは自分でさせるように致しましょう。結城美帆子

当教室は、原則保護者の方にレッスンを見学して頂いております。

宿題や注意事項などをお家の方にメモして頂いております。

お家の方が何らかの事情でレッスンの見学が出来ない時は、録音または動画を撮影して頂いております。

そんな中、気になることがございます。

バックから教則本を出したり、バックへかたずけするのもお母様がされている生徒さんがおりますが、生徒さんご自身でおやりになられたほうが宜しいのではないでしょうか?

何でもかんでも親がやってあげると、本人の為にはならないと思うのです。人間は、いずれ親から自立しなければなりませんからね。

どうしてピアノを習いにきているのか子供に聞きましたら、ある子供は「ママに言われたから」と申しました。

悲しいですね。

本人が、自ら「ピアノが弾きたい」とか「ピアノが弾けるようになりたい」とか思ってレッスンにお越し頂けると嬉しく思います。

小さいお子様にとって、ピアノはオモチャの一つですから、大人が思うようなピアノを弾くと言う感覚ではないようで、ピアノの音を出して遊ぶような感覚みたいですが、それで良いのです。

ピアノを弾きたいと言う気持ちが大切なのです。

本人が主体となってレッスンを受けることが大切なのです。

そのためにも、教則本の準備や片付けも自分でやるようにすると良いと思います。

親からやらされている感覚でレッスンを受けていると、壁にぶつかった時、乗り越えるのが難しくなります。

私は、子供たちにたえず「〇〇ちゃんは、上手に弾けるようになりたいと思う?それとも上手にならなくてもいいと思う?どっちかな」と聞きます。

子供自身が「上手に弾けるようになりたい」と思わない限り、壁にぶつかった時、乗り越えられないのです。

壁を乗り越えられるように育ててあげましょう。