脳ドックのおすすめ。結城美帆子

40歳から脳ドックをおすすめ致します。

もし、動脈瘤が発見された場合、くも膜下出血を発症する前に、予防が可能なのです。

クリップで止める治療だったら北海道の上山先生、血管内治療だったら聖路加国際病院の新見先生が、第一人者のようです。

上山先生と新見先生は、私が脳ドックを受ける時に、もし病気が見つかった場合にと、掛谷先生から伺っていた先生です。

私は、運良く脳動脈瘤は今の所ありません。

くも膜下出血は、若い人でも発症しますし、脳の病気は後遺症が残り介護が必要になる場合が多いので、おすすめします。

私が以前介護の仕事をしていた身体障害者の施設にも30代40代でくも膜下出血を発症して、入所していた人も多数おりました。

医療費削減のためにも、介護費用削減のためにも、そして何より自分や家族の幸せのために、脳ドックを受けましょう。