脳の健康寿命を延ばすには

脳科学者の瀧靖之先生によると、「知的好奇心」が、脳の健康寿命を延ばすとのことです。

「知りたい」「学びたい」「達成したい」という意識を常に持っている人は、本来であれば加齢とともに萎縮(老化)が進むはずの脳の『側頭頭頂部』の萎縮が少ないことが明らかになったとのことです。

人間の脳は、何歳になっても発達し続けるとのことです。

目標を持って学び続けることで適切なストレスを持ち、それを上手に乗り切る方法を知っているので、ストレスに強く、自己をコントロールする力も高くなるのだそうです。

そのためストレスレベルが過度になるのを防ぎ、病気のリスクを下げ、健康寿命を延ばすことにつながるとのことです。

詳しくは、ピティナのホームページをご覧ください。

ピアノは、健康寿命を延ばすことに役立っているようです。

どうぞ、ピアノを続けて、健康で長生きしてください。

私は、いまだに個人レッスンを受けております。

この歳になっても、レッスンを受けられるのは幸せなことです。