罰を与えているわけではありません

私は、レッスンで、椅子に座られないで立ってピアノを弾かせることがあり、生徒さんによっては罰を与えられたように感じて中々立ってくれない生徒さんもおりますが、けして罰を与えているわけではありません。

立って弾くことで、体のバランスが良くなって、手のアーチが出来て、良いタッチで弾けるようになったりします。

ピアノは、頭で考えるだけで良いフォームになったり良い音が出せるようにはならず、体で覚えることも必要なのです。

昨日レッスンにお越しになられた〇〇ちゃんは、チェルニー30番の2番のレッスンの時に、立って弾いてもらったのですが、立って弾くと腕が下がらないので腕を振ることもなくなり手のアーチが出来て小指を立てて弾けるようになりました。