練習しないで「できない」って言わないでね。結城美帆子

ピアノは、誰でも弾くことができます。

それこそ猫や犬でもピアノは弾くことができます。

弾くというより音を出すことは誰でもできます。

しかし、美しい音を出すのは誰でも簡単にできることではありません。

美しい音を出せるようになるには上手に弾けるようになる為には、たくさんの練習が必要です

10000時間の法則というものがあります。

10000時間練習をすればそれなりに弾けるようになるということです。

渡部由記子先生は、1000回練習とおっしゃいます。

一回1分の曲だったら、1時間で60回、10時間で600回しかできません。

コンクールで一番になる人は、平日でも5、6時間は練習をしてますし、土日は12時間練習は当たり前です。

ピティナピアノコンペティションで、地区予選を通過できないのは、練習が足りないからです。

コンクールに参加することを目標にしている方は、レベルにもよりますが毎日一曲30分くらいの練習で大丈夫です。

一次予選を通過したい方や、ブルグミュラーコンクールでファイナルに出場したい方は、平日は一曲2、3時間、土日はトータルで10時間くらい練習しましょう。

私は練習を強要するようなことは致しませんので、それぞれの目標に応じた練習をしてください。

大人は家で全く練習をしなくても構いませんが、練習をしていないのに「できない」とは言わないでくださいね。

ピアノは、練習をしなければ上手く弾けるようになりません。