練習してもピアノが上手く弾けるようにならない理由

「練習しているのに、どうして上手く弾けるようにならないのでしょうか?」と、時々質問を受けます。とくに保育士さんからの質問が多いです。ピアノは、「認知、判断、操作」で弾きます。認知は「何の音」、判断は「何の音を何番の指で弾くためには、どのような操作をすればよいのかを考える」、操作「操作、指を動かす」で弾きます。上手く弾けないのは、認知、判断、操作、のどこかにミスがあるから弾けないのです。弾けるようにならないのでと他の教室から移ってきた生徒の多くは、認知何の音かわかっても、判断と操作が出来ないようです。一番の原因は、手を見ないで弾くことが出来ないからです。手を見ないで指を動かすことが出来ないからです。途中から手を見ないで弾くのは無理なので、はじめの一歩がとても大切なのです。