結城美帆子のピアノのレッスンで得られること。

私は一にも二にも楽譜をしっかり見ながら弾かせますので、弾けるようになればなるほど集中力と忍耐力が身に付きます。目でしっかり見て、脳から手に指令を出し、指を動かして、素敵な音を奏でることがピアノを弾くと言うことです。ピアノを弾くと言うことは、一度にたくさんの作業をするので、デュアルタスクですから、お子様は脳を発達させ、熟年の方は脳を活性化させますので認知症の予防にもなります。独学でピアノを弾いていると、目で見て脳で手に指令を出して指を動かして弾くと言う、一連の作業が正しくできているかどうかの確認ができませんので、一連の作業が正しくできていない場合はデュアルタスクになっていないので、脳を発達させることにも認知症の予防にもなっていない場合があるので、正しくできているかを確認してもらうためにも、レッスンをお受けなられることをお勧めいたします。一連の作業が正しくできていれば、楽譜を正しく見ることもできているので、レッスンを受けなくても弾きたい曲が自由に弾けます。弾けない場合は、一連の作業が正しくできていないと言うことです。