経験は財産になります。結城美帆子

今回の台風は、すごかったですね。

水害を考えて「二階に寝ましょう」なんて言われておりましたが、二階に寝ていたら鉄の柱が落ちてきましたね。

命を守る行動と言いますが、難しいですね。

私たち人間にできることは、祈ることぐらいしかできないような気がしてきました。

でも、今回の台風も、やるべきことをやっていた人達もいたと思います。

まずは、テレビ局の職員は、台風に備えていたから、テレビ放映ができたのでしょう。

おそらく、老人ホームや福祉施設の職員も台風に備えてやるべきことをやっていたと思います。

なぜなら、老人ホームや福祉施設は、職員がいなかったら死につながるからです。

私がお仕事をさせて頂いていた老人ホームや福祉施設では、台風が近づいている時などは、職員は施設に泊まり込みました。

経験は生きる上での貴重な財産になります。

今、何が優先なのか、自分の責任において瞬時に判断し行動できる人間になりましょう。

駅に人が押し寄せている場面を見ると「なんて想像力に欠けている人が多いのだろう」と思いました。

やるべきことをやっていて、それでもダメなら、それは神様の思し召しではないかと思います。

これからも、色々な災害は増えると思いますが、何を優先したら良いのかを自分の責任において考えて、判断し行動することが、ますます増えると思いますが、判断を誤らないように、普段から地頭力を鍛えておくことも大切ではないでしょうか。

ピアノは、瞬時に楽譜を読み弾く繰り返しなので、地頭力は鍛えられます。

何を優先に考えるかは、経験から学ぶことが多いと思いますので、色々な経験をすると良いでしょう。

体験レッスンのお申し込みをしてくる人の中にも、1ヶ月以上先のことをいう人がいるのですが、こういう人は私とは考え方が違うので、レッスンに対しての考え方も違うと思いますし、お断り申し上げております。

今を精一杯生きましょう。

何あった時、動かずひたすら耐えることも必要な時もありますので、子供に生き延びる一つの手段として耐えることを教えておくことも良いのではないかと思います。

最近は、耐えられない人が増えているようにも思います。

待つこと、耐え忍ぶことも必要な時もあると思います。

頑張ること、努力することだけが、生き延びる手段ではないと思います。

教育とは、生きていく方法を教えることではないかと思います。

臨機応変に対応できる力が必要ですね。