細田美智子先生にお電話でご相談申し上げました。結城美帆子

細田美智子先生は、50年以上ピアノの指導に携わり、NPO法人日本障害者音楽連盟およびNPO 法人日本障害者ピアノ指導研究会の代表理事でいらっしゃいます。

ピアノの先生って、すごく孤独なのです。

特に、障害者にピアノを教えている先生は少ないですから、相談できる先生も非常に少ないのです。

全日本ピアノ指導者協会(通称ピティナ)は、毎年会員数も増えており、指導法のセミナーや指導者の交流会も盛んに行われているのですが、ピティナはピティナピアノコンペティションで生徒を地区本選や全国大会にたくさん出場させて指導者賞や特別指導者賞を受賞している指導者が優秀な指導者とされているところがあるのですが、障害者は毎日の練習も大変ですし読み書きができない生徒もいるので弾けるようにするだけでも大変なので、コンペティションに参加させること自体難しいのですから、障害者にピアノを教えている指導者は優秀な指導者ではないということになってしまいますので、こんなに頑張って教えているのに誰からも何の評価もされないことに、心がへし折れそうになる時さえあります。

「結果を出せる先生が指導力が有る先生」なんて言われると障害者にピアノを教えるのをやめたくなってしまうこともありました。

障害者にピアノを教えるのは、健常者に教えるよりも神経を使いますし手本となる指導法も有りませんので、すごく大変なのです。

どんなに大変でも、彼らが少しでも幸せになれることを願って頑張ってレッスンをしております。

細田美智子先生と話していて、障害者のピアノのレッスンの目的は、ピアノを上手に弾けるようにするということではなく、機能訓練なのではないかと思いました。

健常者への指導の目的と障害者への指導の目的は同じではないです。

そこがごちゃごちゃになると、何を教えて良いかわからなくなるのです。

細田美智子先生と話をしていて悩みが解決し元気になれました。

相談できる相手がいるというのは、幸せなことです。

感謝です。