精神分析的観点から人を見るとイライラしなくなります。結城美帆子

世の中には、色々な人がおりますから、変な人にお目にかかったり、関わったりしてイライラすることもあると思いますが、精神分析的観点から人を見ると、その人が人格障害だったり、発達障害だったりすることがあり、しょうがないなと思うこともあります。

女性を下に見てくる男性の場合は、母親に対するコンプレックスが解消されないまま大人になってしまったかもしれませんので、お気の毒です。

境界型人格障害の人も、親からの愛情不足が原因なので、愛情を与えてくれなかった親を転移するのでやはりお気の毒な人です。

人間は、成長の段階で、エディプスコンプレックスとか去勢コンプレックスとか色々なコンプレックスを解消しながら大人になるのですが、コンプレックスが解消されず固着してしまうと神経症発症する原因となるようです。

ただ、一般の人はわからないと思いますが。

過呼吸やパニック障害は、愛情飢餓が原因という精神科医もおります。

ストレスが原因という人もおりますが、ストレスは誰にでもあるのではないでしょうか。