私の願い

ピアノが普通に弾ける子供をたくさん育てたい。

ピアノが普通に弾けるのが当たり前の社会になったらどんなに良いでしょう!

絶対音感も無いよりはあった方が良いです。

その為には、3歳4歳で始めるのが絶対条件なのです。

なぜなら、絶対音感は、ごく限られた時期にそれ相応のトレーニングをしないと身に付かないからです。

絶対音感が有ると、鼻歌をすぐに音符に出来ますから、作曲も楽しむことが出来ますし、即興で演奏することも出来るので、音楽の世界が広がります。

絶対音感は、生涯消えることが無い知的財産です。

絶対音感は、ピアノを習っていれば身に付くということではなく、3歳4歳からそれ相応のトレーニングをしなければ身に付きません。

多くの子供たちに絶対音感を身に付けてあげたいと思います。

そうすれば自分の心を音楽で表現することが可能になりますから、心の健康を保つ為にも良いのです。

音楽の力って凄いのです。

音高や音大受験など専門コースに進まれる方は、中学高校でもそれなりに練習時間の確保ができると思いますが、趣味の方の場合は専門コースに進まれる方のように練習時間を確保するのは難しくなると思うので、小学校卒業までにピアノを学ぶ土台を築き上げることが大切と考えております。

その為には、知識とテクニックをバランス良く教えることが重要と考えております。

そうすれば、毎日5時間も6時間も練習しなくてもレベルアップでき生涯ピアノを楽しむことが出来ます。