私の選び方

音楽の指導者をどのように選んできたか。いちばん初めのピアノの先生は親が選んだ人です。中学生からは色々な情報が入って来るようになり、自分から「ダレダレ先生のレッスンを受けさせてほしい。」と親に頼みました。当時ピアノの1ヶ月の月謝は2,000前後だったのですが、私が習いたいとお願いした先生のレッスン料は1回2,000でした。私の家は、けして裕福な家ではありませんでしたが、習わせてくれました。私の親は、私が生きていく上で本当に必要なもの、本当に大事なものを、自分の身を削ってでも与えてくれる人でした。親の愛情を感じます。感謝です。