私の母親。結城美帆子

私の母は、一人亡くなっておりますが5人姉妹の長女で、親が決めた人を婿に迎い入れ、私を産み育て、自分の妹達の面倒を見て、家の仕事をして、最後は認知症で亡くなった母親の介護をして、一生懸命に生きて来た人です。現在、介護の認定を受けておりますが、介護保険を使う事なく暮らしております。私は、この世に生を受けてから今まで母の泣いた姿を一度も見た事がありません。悪く言えば頑固ですが、良く言えば気高い人です。母は私の写真を大事に持っている様で、市の支援員や保健師が家に来ると私の活躍している写真を見せる様です。