私が認知症の母を介護している理由。結城美帆子

「愛とは、持っていないものを与えること」ラカン。私が生きて行く上で大切にしていることは「愛」です。私は、母の「愛」により、今があります。私は、私に「愛」を与えてくれた母を施設に入れるなどして排除などできません。私の教室には、障がいがあるお子様も多数レッスンしております。障がいがあっても皆んな一生懸命生きています。どうぞ、施設に入れることなく一緒に生活をしてください。共存とは、皆んなが一緒に暮らすことではないでしょうか。面倒を見きれないから施設に預けると言いますが、面倒を見きれないとは、何を基準に言うのでしょうか?仕事とは何なのでしょうか?生活とは何なのでしょうか?家族とは何なのでしょうか?私は、母を排除してまで仕事の時間を増やそうとは思いません。自分にとって、自分が生きて行く上で何が大切なのかを見失わないようにしましょう。「愛」とは、すべてを受け入れることでもあると思います。