私が最も尊敬する人はヘレンケラーの家庭教師だったサリバン先生です。

私が障がいがある生徒も教えているのは、小学6年生の時ヘレンケラーを読んだからかも知れません。「サリバン先生ってすごいな」っって思いました。読書感想文コンクールに応募して賞を頂いたのです。サリバン先生自身、一度失明して手術を受けて見える様になったそうです。自身の経験があったからこそ、ヘレンの家庭教師を引き受けたのかも知れませんね。私も色々な経験をしてます。色々な経験をしたから、健常者も障がいがある人もみんなにピアノを歌を教えたいと思ったのです。