私が中学3年までレッスンを受けていた丸山徳子先生とは

丸山徳子先生は、一昨年102歳でお亡くなりになりました。丸山先生は、父の実家の隣に戦争中疎開して来られたとのことです。始めは、中学校のピアノを借りて教えていたとおっしゃってました。とっても優しい先生でした。私が練習不足で上手く出来ないとき、「あなたは、天分がおありになるのよ。ただ、弾きが足りないのよ。」などと言われるのです。よく、「ぜんぶフォルテで弾いてご覧なさい。」とも言われました。指が弱かったんですね。否定的な事は、まず、おっしゃらない先生でした。丸山先生との出合いがあったからこそ、今の私があります。丸山先生の教えを胸に秘めて日々レッスンをさせて頂いております。