私がピアノを続けてきた理由。結城美帆子

私がピアノを続けてきた理由は、ピアノを弾くのが好きだったからです。ピアノが楽しいとか、ピアノを弾くのが楽しいからとかでピアノを続けてきたわけではなく、ただピアノを弾くのが好きだったから止められずにいただけの事です。ピアノを弾くのが好きだったから、ピアノを教える仕事を始めたのです。今も、ピアノを弾くのが好きだから、ピアノを教える仕事を続けているのです。発表会や学校の演奏会でみんなの前で演奏するのも好きでした。人前で演奏すること、たくさんの人に演奏を聴いてもらえることが快感でした。だから、ピアノを止められずに続けているのです。ピアノって、楽しいと言うものではなく、ピアノって弾けることが嬉しいのではないかと思います。ピアノが弾けることに喜びを感じるのではないでしょうか。ピアノが楽しいと思うのは、お仲間と連弾や二重奏をする時に、一つのものを他者と作り上げる楽しさと喜びを感じるのではないでしょうか。私は、生徒さんとは立場が違うので、生徒さんと連弾や二重奏をする時は、私にとっては仕事なので、楽しめるものではないのです。私は、ピアノ弾くのが好きだから、ピアノを弾き続けているのです。ただそれだけなのです。「好きこそ物の上手なれ」とか「継続は力なり」とか言いますよね。ピアノが上手く弾けるようになるかどうかは、ピアノを弾くことがどれだけ好きかによると思います。好きじゃなかったら続かないと思います。ピアノを弾くのが好きだったら「練習」なんて言わなくても自分から弾くはずです。やらせられてる感覚だと自分から進んで練習をするのは難しいでしょうね。親の願いもわかりますが、我が子をピアノが上手に弾ける人に育てたい場合は、とにかくピアノを弾くのが好きになるように育てることです。その為には、まず、親が音楽を楽しみピアノを楽しむことです。親がピアノを楽しんでいるのを見たら、子供は自分も弾きたくなるはずです。