発達障害

表に出てこない発達障害の人がたくさんいるのではないかと思う。

お勉強があまりできない子供の中には発達障害の子供がいるのではないでしょうか?

一般の学校の一般のクラスに通っている子供の中に、何度注意をしても直せなかったり、私に何を注意されたのかする忘れてしまう生徒もおります。

集中力が無いのか、私の注意を聞く気が無いのか、はたまた私を馬鹿にしているのかとさえ思える時があります。

見極めが難しいですが、見極めを誤ると本人を傷つけることにもなりかねませんので、注意が必要ですが、正直なところすごく疲れてしまいます。

子供の人権がありますから安易に心理検査はできないのかもしれませんが、子供の将来を考えたら、適切な教育という観点から考えれば、検査をしても良いのではないでしょうか?

親は自分の子供を知る権利があるのではないでしょうか?

もし、発達障害であれば、適切な養育を受けることで自立して生きて行くことが可能になります。

私は、長年の経験値から発達障害の子供は見極められますが、以前は親に申し上げておりましたが、今は親に申し上げることは致しませんが、はがゆい思いをしております。

障害があっても社会で生きていければ良いと思うので、私は障害を悪いとは思っておりません。

ただ、第1級障害者施設で働いた経験から、産まれながら寝たきり状態で、言葉をしゃべれることになることもなく、意思疎通もできない状態で、自分で食べることもできない人たちに対して、正直な気持ちとしては、口に出してはいけないことを思ってしまいます。

生かしている、生かされている、ようにしか思えなかったのです。

施設に預けっぱなしにしている親を見ていると、子供に愛情があるとは思えない親ばかりだったのです。

愛する我が子だったら、施設なんかに預けられないと思います。

愛する我が子だったら、ずっと一緒に居たいと思うのではないでしょうか?

私は、愛する母を老人ホームに入れることはできませんでした。

障害がある子供を育てるのは大変なことですが、意味があってあなたのところへ産まれてきたのです。

愛情を込めて大切に育ててあげて欲しいです。

愛と音楽は、神様からの最大の贈物です。

愛が無ければ、人間は単なる動物になってしまいます。

人間は、人間の愛で人間に育ちます。

人間の姿形で生まれても、愛を与えられないで育てられると育つこと無く死んでしまうと言う、乳児院に預けられた子供を対象に行われた実験がありました。

今では考えられない実験です。