発達障害を引き起こす【くも膜のう胞】について。結城美帆子

くも膜のう胞は、胎児期からできている場合が多いとのことです。

1,000人に一人と言われておりますが、加藤先生は200人〜300人に一人ではないかと著書に書かれております。

海馬の成長を阻害する可能性があるとのことです。

言葉の遅れや、怒りやすいとか、善悪の分別、ルールを守る意識など社会生活では重要なことが欠落してしまうようです。

くも膜のう胞は、手術で治せるとのことです。

医学は、日々進歩してます。

お子様の幸せの為に、画像診断による的確な診断とアドバイスをお受けになられる事をお勧め致します。

医学は、人間が幸せに生きる為に有ると思っております。

医学者は、人間を幸せにする為に、日々研究臨床を行っていると思っております。

医学者だけではなく、人間は皆、人々を幸せにする為に働いていると思っております。

私もその一人です。

ピアノで、人々を生徒さんを幸せにしたいと思って日々研鑽を続け一生懸命に指導をしております。