発達障害の子供にピアノを教えている先生へ。結城美帆子

発達障害の子供のピアノのレッスンを安易に引き受けるのは、やめて欲しいと思います。

ピアノを教えることは、難しく大変な仕事です。

発達障害の子供にピアノを教えることは、もっと難しく、もっと大変です。

発達障害をある程度理解した上で教えて欲しいと思います。

そうでないと、自閉症のピアニスト野田あすかさんのように、自傷行為を起こしてしまう人もいるのです。

ピアノは、積み重ねが大切です。

発達障害の子供に、その場しのぎの指導をしてしまうと、いつまでたっても自立してピアノを弾くことができません。

指導者は、生徒の将来を考え責任を持って教えて頂きたいと思います。

親も、そのことを踏まえた上で、指導者を選んで頂きたいと思います。

生徒と子供の場合には親ですが、指導者を選ぶ権利がありますが、選ぶ責任もあると思います。

一般の子供も同じですが、発達障害の子供は特に、スモールステップに心がけ、積み重ねができるレッスンをしないと、5年もレッスンを受けているのに、1人で全く弾けないと言うことになってしまいます。

発達障害の子供は、一般的な子供と見え方が違うようです。

また、上下左右も一般的な子供とは、感覚が異なるようなので、同じ教え方をしても、発達障害の子供は理解できないようです。

私は、つねに主体に目を向けてレッスンをしております。

たえず、この生徒は(主体は)何を欲望しているのかを想像し見極めながらレッスンを進めております。

なので、発達障害の子供のレッスンは、一般的な子供にピアノを教えるよりも感性をより研ぎ澄まさなければならないので、ひじょうに疲れます。

他の教室でレッスンを受けていて移って来られる発達障害の子供の生徒さんは、みんな同じ特徴なのです。

どの生徒も譜読みができないのです。

楽譜を見ながら弾く事ができないのです。

譜読みができなければ、楽譜を見ながら弾く事なんてできないです。

それでは、いつまでたってもピアノのレッスンをやめられません。

自分で楽譜を見ながら弾けるようにならなければ、いつまでたってもピアノのレッスンをやめることができないではないですか?

私は、ピアノ教室に通うのをやめても、ピアノを楽しむことができるように、初級の段階から楽譜を見ながら弾けるように指導しております。

基本を無視して覚えさせるような教え方は、生徒本人のためになりませんし、ピアノが面白くなくなり途中でやめてしまう原因にもなります。

ピアノは、積み重ね、継続が大切なのです。

発達障害の子供がピアノで生活の質と価値を向上させることができるように、発達障害の専門家を交えた発達障害の勉強会を予定しております。

まずは、発達障害を理解することが大切です。