発達障害のお子様のレッスンについて

発達障害のお子様のレッスンについて

発達障害のお子様もレッスンを行っておりますが、ピアノが上手く弾けるようにするレッスンを行っており、知育や音楽療法的概念でのレッスンは行っておりません。

40年以上の指導経験の中で、知育や音楽療法的概念でのレッスンを行っていた時期もありますが、『音楽とは何か?』を真剣に考えた時、私にとって音楽は高貴なものでクオリティが高いものなので、音楽に療法という言葉は使いたくないと思いました。

ピアノに真剣に向かい合い上手に弾けるようになれば、自ずと脳も心も育ちます。

結城美帆子ピアノ教室では、ピアノが上手く弾けるように導くレッスンを行うことで、脳と心を育て、音楽を愛する心を育てるレッスンを行っております。

音楽を愛する心を養うということは、愛する心を育てるということで、自分を愛する心、そして、他者を愛する心を育てるということです。

愛に満ちた社会は、みんなが幸せに生きられる社会です。

私は、音楽で、子供も大人も高齢者も障害がある方も、みんなが幸せに生きられる社会、犯罪被害者も犯罪者も自殺者も生み出さない社会、愛に満ちた社会にしたいと思います。

ピアノを学ぶということは音楽を学ぶということです。

音楽を学ぶということは、遠い時代の遠い国に生まれた作曲家の心に想いを馳せるということです。

ピアノを弾くということは、作曲家の心に想いを馳せ自らの体と心を通して、作曲家の想いを今に伝えるということではないかと思います。

そこには、作曲家への愛がなければできないことです。

結城美帆子ピアノ教室では、ただいま生徒募集中です。

ピアノで人間として成長をお考えのお子様歓迎いたします。

当教室の理念や指導方針にご賛同いただけましたら、お気軽に体験レッスンにお越しくださいませ。