発達障がいが疑われる場合

今までは、

発達障がいは根本療法が無く対処療法のみなので、

診断を受けても仕方がないのではと考えておりましたが、

心理テストを受けることで、

客観的に発達障がいが改善されているかどうかがわかるので、

今は専門医の診断を受け心理テストをお受けになられることをお勧め致します。

客観的にわかるものがあると、

発達障がいに対しての、

私が行っている精神分析アプローチによるピアノレッスンの効果を客観的に評価することも可能になります。

テストは心理士が行い、

テストの結果も心理士が書くのですが、

書き方が丁寧なのは、

私の個人的な意見ですが、

筑波学園病院・筑波記念病院・土浦協同病院・筑波大学附属病院、

の中では、

土浦協同病院の心理士さんは、

比較的わかりやすく丁寧に書いてくださっているように思います。