発表会を観ると先生がどの様な指導をしているかがわかります。結城美帆子

時間がある時は、ピアノの発表会を見学に行くのですが、先生の指導方針や音楽に対する考え方、どの様なスタンスで指導をされているのかなどが見えてきますから、とても面白いです。例えば、選曲です。ポピュラーな曲が多く選曲されている先生は、おそらく基礎的な指導はあまりされず楽しければ良いと言う様なお考えで指導をされているのかなと思いますし、コンペティションやコンクールの課題曲になる様な曲が多い場合は、基礎的な指導をしているのだろうと思います。生徒の演奏を聴いていて、タッチや表現、ペダリングなどの教え方や考え方が想像できます。どの様な練習をされているのかも想像できます。多くのピアノの教室のホームページには、基礎力とか、読譜力とか、表現力とか書いてありますが、そう言うのも発表会を観ると本当にやっているか書いてあるだけなのかが想像できます。発表会って恐ろしいです。私は、生涯ピアノを楽しく続けられるためには基礎力は大切だと思います。指導者の責任においても、間違ったことは教えたくないと思っておりますが、他のピアノ教室の発表会を観ていると、妥協しているのかなと思える様な指導者も見受けられます。音価をきちんと教えていないのかなと思える指導者や、ペダルが濁っている生徒が多くいたピアノ教室の指導者は、教えてもできる様にならなくて諦めてしまったのでしょうか?私は、諦めずに教えたいな。なぜなら、間違ったまま弾いていたり、出来ないままにしておいて恥ずかしい思いをしたり困るのは生徒なのです。