疑問に思っていること。結城美帆子

今の医療制度に疑問を感じております。

国は、かかりつけ医とか、在宅医療を進めておりましが、医療費削減が目的で国民に安心を保証するものではない。

出生前診断も条件を緩和していく方針ということですが、これも医療費削減を目的としてのことでしょう。

世の中、格差が広がっておりますが、死ぬ時にも格差があります。

本人や家族に経済力がある場合は、阿川佐和子さんのお父様がお亡くなりになられたような病院で最高の介護を受けて死ぬことができるようですが、いつまで続くかわからない入院費用に毎月50万円以上の支払いができる人がどれくらいいるだろうか?

以前は、健康保険が使えない自由診療による治療法はエビデンスがないから保証がないので受けない方がいいと言われておりましたが、今は違うようです。

保険医を返上して自由診療のみで行っている医師もおります。

健康保険も介護保険も、個人を守るためのものではないのでしょうね。

国民皆保険は、昭和34年(1959年)に始まり60年です。

色々見直す時期なのでしょうね。

国民皆保険がなかった時は、医者に診てもらうこともなく死んでいった人がたくさんいたようです。

ですから、国民皆保険ができる前の死亡診断書には「〇〇の頃、死んだもよう」なんて書いてあったりします。

国民皆保険ができる前は、みんながお医者様に診ていただくということはできなかったようです。

結核を撲滅させるのが目的で国民皆保険が成立したと祖父から聞きました。

健康保険に頼っていたのでは健康で長生きは出来ないし、介護保険に頼っていたのでは幸せな死に方は出来ないように思います。

自分の健康は自分で守るということなのでしょうね。

早期発見は、人間ドックを受けなければ無理ですからね。

一般的人間ドックではなく、自分に必要なオーダーメイドの人間ドックを受けるのが重要みたいです。

私が受けている胃カメラと大腸カメラ、脳のMRI検査や全身のCT検査は一般的な人間ドックではないです。

なので市の補助が出る市の健康診断は一度も受けたことがないのです。

私がオーダーメイドの人間ドックを受けている理由は、仕事をしているので、生徒の皆様やカウンセリングにお越しになられている人たちに極力迷惑をかけないようにするためです。

人間ドックを受けていれば、多少色々な予測も立てられますし、何らかの病気が見つかっても、色々な対処ができ、もし仕事を辞めなくならなくなった場合でも準備期間ができます。

格差社会・AI時代を生き抜く為に必要な力とは、「稼ぐ力」なのではないかと思う。

東大よりも医学部に入れたい親が多いのは、医師にすれば食いっぱくれることはないであろうと思っているからではないだろうか。

少し前までは、医者か弁護士と言われていたように思いますが、今は弁護士は食べて行くのが大変になってきたようで弁護士は人気がなくなったようですね。

医学部も今は勉強だけできれば入れるということではないようです。

稼ぐ力を養うには、偏差値ではなく、地頭力ではないかと思います。