生涯に渡りピアノを楽しむためには。結城美帆子

生涯に渡りピアノを楽しむためには、技術を身につけることが何よりも大切に思います。

ピアノは、上手く弾けないと面白くないです。

ピアノは、少しづつでも上手く弾けるようになるから面白いと思うのです。

上手くなるためには、弾きたい曲ばかり弾いているだけでは、上手く弾けるようにはなりません。

技術テクニックを身につけるためには、ハノンやチェルニーを学ぶことが必要です。

特に、ハノンとチェルニー30番は、絶対必要です。

チェルニー30番が、楽にインテンポで弾けなければ、チェルニー40番を指定されたテンポで弾くのは無理です。

22歳まででしたらじゅうぶんに技術テクニックを身につけることが可能です。

ショパンのエチュードが楽に弾けるように、諦めずにハノンとチェルニー30番40番を練習しましょう。

ピアノは、技術テクニックが身につかなければ、譜読み程度ではレッスンの意味がないのです。

ピアノは、目的に合った練習をしなければ上手く弾けるようにはなりません。

その為には、ハノンとチェルニー30番からは、毎日各々1時間程度の練習が必要です。

チェルニー30番が楽に弾けるようになった時には、相当の技術テクニックが身についてます。

たかが10年〜15年です。

頑張ってショパンが楽に弾ける技術テクニックを身につけて頂きたいと思います。

10年〜15年と言っても、ピアノの技術テクニックを身につける為に大切なのは5年〜6年程度で、チェルニー30番と40番を学んでいる時です。

そこをクリアできると自由に弾けるようになります。