生徒の皆様と保護者の皆様へ。結城美帆子

ピアノが上手く弾けるようになるには、ご家庭での継続した練習が必要です。

導入期から初級は毎日30分程度、バイエル終了後は1時間〜90分程度の練習が必要です。

毎日け継続した練習を止めた時点で、ピアノの技術的なレベルの向上も止まります。

技術的なレベルを維持する為にも、ある程度練習が必要です。

私は、今でも毎日ハノンと二、三冊のエチュードを弾いております。

ハノンとエチュードを弾いてから、曲の練習をします。

練習時間があまりない時は、ハノンとエチュードだけしかできない日もありますが、それでなんとか弾けている感じです。

ハノンさえも弾く時間が無くなったら、ピアノを教えるのは無理と思います。

ピアノが弾けるようになるには、最低でも10年間は毎日の練習が必要ですので、ピアノは覚悟も必要です。

どうぞ、目的と目標をお持ちになられてレッスンをお受けください。

私は練習の強要は致しませんが、1週間全く家で練習をしてこなかったり、「弾きたい曲ありますか?」と聞いても「特にありません」とお答えになられたり、レッスンを受ける明確な目的や目標がない場合は、レッスン料を頂くのが心苦しいので、お辞め頂きたいと思います。

私は、出来ない人を出来るようにすることは出来ますし喜びを感じるのですが、やる気がない人に教えるのはストレスになるのです。

ピアノが上手く弾けるように、楽譜の読み方や弾き方を教えることは出来ます。

速く弾けるようになるためにどのように練習をすれば良いかを教えることも出来ますが、生徒さんが実行してくれなければ速く弾けるようになりません。

一生懸命に考えて一生懸命に教えておりますので、教えたことはとりあえず実行してみてください。

それで上手く弾けるようにならなかったら、また一生懸命に考えて一生懸命に教えますので、宜しくお願い致します。

教えたことを家で実行してくださいませんと、先へ進むことができないのです。