犯罪被害者も犯罪加害者も生み出さない為に私達が出来る事。結城美帆子

今日の川崎市登戸の19人殺傷事件の犯人の50代の男は、死んでしまったから真相は闇の中だと思いますが、おそらく何らかの人格障害ではないかと想像します。

被害者は気の毒と思いますが、加害者も可哀想に思います。

加害者は、愛を知らずに育ったのでしょう。

被害者は、愛されずに育ったのでしょう。

愛は、人間が育つ時の栄養素となるのです。

愛情飢餓は、脳を萎縮させるとも言われます。

誰かに心から愛された経験があれば、加害者にならずに済んだかもしれません。

「自分は人から恨まれるような事はしていない」とか「自分は人から恨まれるような生き方はしていない」などと堂々とおっしゃる人がおりますが、本当でしょうか?

案外、自分では気づいていなかっただけで、相手を傷つけているかもしれませんよ。

統合失調症は自覚がないと言われてますが、人格障害は悪いと自覚しているようです。

人格障害は、治療が困難とも言われており、特に境界性人格障害は、治療者が巻き込まれやすいので治療を受け入れていない精神科医もいるくらいです。

事件は連鎖します。

人格障害者は、自分から治療を受けようとは思わないようなので、事件を起こさない限り社会の中で自由に暮らしてます。

知的レベルも高い人が多いですから、すぐそばにいてもわからないと思いますが、何度か話をしていると、被害妄想のようなものが出てきますからわかります。

子供には、とっさの時の逃げ方を教えておくと良いと思います。

世の中には、愛に飢えている人もいるという事を教えておくと良いと思います。

人格障害者は、本当の愛を実感できれば回復できると思います。

犯罪加害者を生み出さない為には、愛に満ちた社会にすることです。

お子様は、他者の痛みがわかる人間に育てましょう。

自分がされて嫌なことは、他者にしないようにすることを教えましょう。

人間の心は、教えないとわからないまま育ちます。

音楽は、愛です。

私は、音楽の力で、愛に満ち溢れた社会を実現したいと思っております。

愛とは何か?

「愛とは持っていないものを与えること」とジャック・ラカンは言います。