熟睡。結城美帆子

以前は、レッスンが終わったら、入浴をして食事をして、仕事の事務処理をしてました。

今は、レッスンが終わったら、事務処理をして、食事をして、寝る1時間前くらいに入浴をするようにしました。

寝る1時間前くらいに入浴をするようになってからは、良く眠れるようになりました。

高校生くらいから不眠症で、睡眠薬を使っていた時もありましたが、いずれ死んだら寝られるからいいと思って、ある時から睡眠薬を止めておりましたが、睡眠不足は認知症のリスクが高まると言われましたので、今の生活パターンに変えました。

私の日中の平熱は36、2度くらいですが、入浴直後の体温は36、9度〜37度くらいまで上がります。

水分補給をしたりストレッチをしていると、36、5度くらいに下がります。

体温が下がってきた頃にベットに入ると熟睡感が得られ、朝の目覚めが爽快です。

睡眠薬も認知症のリスクが高まる可能性があるので避けたいですね。

私は、基本的に対処療法的な薬は服用しないようにしてます。

なぜなら、どんな薬にも多かれ少なかれ副作用のリスクがあるからです。

どうしても必要な薬は飲みますが、痛み止めのような薬は極力飲まないようにしております。

もし、寝つきが悪かったり不眠症の方がいらしたら、寝る前の入浴を試してみるのも良いかと思います。

39度〜40度で15分入ります。

その内5分間は浴槽の中で指のストレッチをします。

10分間は瞑想です。

湯上りは、トマトジュースにオリーブオイルを垂らしていただきます。

トマトジュース+甘酒をレンジでチンして飲むのも美味しいです。