熟年の生徒さんのレッスンをしていて思う事。結城美帆子

熟年の生徒さんは、皆さん疑問に思う事を率直に言って下さいますので、勉強になる事がたくさんあります。昨日、まだレッスンを始めて間もない80歳代の方に、「鍵盤に五本の指を乗せておくと手を見なくても弾けますよ」と、申し上げましたら、「指を乗せておくと、他の指も押してしまいそうな気になるのです。」と言われました。五本の指を楽譜に書いてある通りに動かすと言う事が、いかに大変な作業であるかが、改めて知らされました。ピアノを弾くと言う行為が、どれだけたくさん脳を使っているかと言う事です。だから、認知症のピアニストは、いないのでしょうね。ピアノを弾く事ってすごい事なのでしょうね。いかに、楽しく上達して頂けるかが、指導者の腕の見せ所で、認知症の発症も抑えられるかも知れませんね。熟年の生徒さんのレッスンは、日々、新しい発見があって、楽しいです。