渡部由記子先生から学ばせて頂いた事。結城美帆子

生徒自身が、本当に理解出来たかを、生徒自身に、確認をさせながら、レッスンを進めていく事です。

出来るまで教えるという事、けして諦めないという事です。

少しづつ、非常に丁寧に、確実に弾けるようにレッスンを進めていく事です。

渡部先生のレッスンは、幼児でも最低2時間が望ましいとホームページに書かれておりますが、2時間でも短いと思うレッスンです。

実際に渡部先生のレッスンを受けてみて、ピティナピアノコンペティション全国大会出場者数No. 1の理由がわかりました。

残念ながら私は渡部先生ほど忍耐力がありませんので、コンペティションに参加される生徒のレッスンは2時間でもできますが、一般の生徒のレッスンは1時間が限度で、精神的にも1日5人までが限界です。

渡部先生のメソッドを取り入れてからは、非常に教え易くなりましたので、精神的な負担は少なくなりました。