母への想い。

母の名前を消したくなくて、宅急便で届け物を注文する時は、いまだに母の名前で注文している。

表札をそのままにしているお家も見かける時もあるので、いいかなーと思っている。

人は必ず死にます。

原戸籍にはずっと残りますけどね。

後継ぎがいなくなれば、原戸籍を使うこともないと思うから、名前が人目を浴びることはなくなる。

亡くなった人は、想い出の中で生きる。

私は、人一倍心が弱いかもしれない。

祖父から始まり、たくさんの家族を見送ってきたが、死をいけ入れることができていないのか、誰にも線香をあげたことがない。

祖母が救急搬送され、そのまま亡くなり、看護師さんに霊安室に運ばれ、看護師さんが枕元の線香をあげ、母や叔母達も線香をあげたが、私は線香をあげることができなかった。

家族だけでなく、亡き東敦子先生や秋山千賀子先生も、私の心の中でずっと生きている。

生徒の指導で行き詰まった時などは、亡き先生方に心の中でご相談申し上げております。

いずれ私もこの世から消える。

だから、今を精一杯生きようと思う。