様々な生徒さんがおります。結城美帆子

当教室には、様々な生徒さんがおります。自ら障がいが有ると言われる方もおりますが、何も言わない方もおります。私は、どちらでも構わないと思っております。障がいがあってもなくても、社会の中で生きていければ良いにではないかと思うのです。どういう方が正常で、どういう方が障がい者なのかわからなくなるときさえあります。障がいが有るために、拘束されたり、いじめにあったり、いじめが元で自殺に追い込まれるようなことにならなければ良いと思います。障がいがあってもなくても関係ないと思います。だから、本当は、ピアノパラリンピックもおかしいのではないかと思うのです。健常者も障害者も同じに参加できるものの方が共存していると言えるのではないでしょうか?あえて、分ける必要はないと思うのですが、皆さんはいかが思われますでしょうか?