楽譜を読むということは。結城美帆子

楽譜を読むということは、ただ音符を読むだけではありません。

楽譜から作曲家の意図や想いを汲み取らなければなりません。

なぜ、poco. ritが書いてあるのか?なぜ、テヌートが書いてあるのか?どんな些細なことでも見逃しては作曲家に失礼です。

楽譜を読むということは、楽譜に書いてある全てを一つも見落とすことなく読み取るということです。

楽譜に書いてある全てを読み取ることができれば、脱力も入力も自然にできますし、表現も自然にできます。

小林秀雄先生の「落葉松」や「日記帳」などは、テンポが頻繁に変わりますが、指示されたテンポで演奏すると『なるほど』と納得した経験があります。

小林秀雄先生は「作曲家は、楽譜に書くことしかできないんだから、楽譜に書いた通りに演奏して欲しいんだよ。」と言われたことがございました。

楽譜や記譜法は進化しておりますから、古い時代の作曲家の曲は記されていないことも多いので想像力も必要ですが、我々が普段使用している楽譜は、編集をされておりますから、編集者が想像をして書き足してるところもあり弾きやすい楽譜になっております。

見落とさないことを習慣にしましょう。