楽しいはずのピアノが、歌が、音楽が、、、

ピアノを弾くのが好きで、歌を歌うのが好きで、音楽が大好きだったので、公立高校の音楽科を受験して合格できた時は本当に嬉しかった。でも、だんだん苦しくなって来ました。楽しくなくなってきました。声が出なくなり、過呼吸症候群を発症してしまいました。再び声が出るようになり歌えるようになったのは、東敦子先生のレッスンを受け始めてからです。ピアノの先生は元々入学した学校の先生に入学前からレッスンを受けていたのでピアノは楽しかったのですが。声が出なくて歌えない分、ピアノを弾いてました。歌はピアノを弾きながら教えますので、ピアノもたくさん練習して弾けるようにしておかないと、歌を教えることは出来ませんので、今でも毎日最低でも3時間は練習の時間を確保してます。もちろんピアノを教える上でも毎日練習してます。年齢と共に一日でも弾かないと手が指が動かなくなるような気がします。