根っこにあるものは同じ。結城美帆子

保護者による児童虐待も、保育園の先生による虐待も、老人ホームや福祉施設の職員による入所者への虐待も、根っこにあるものはみんな同じように思います。

自分より弱いものをいじめているに過ぎない。

映画にもなった「看守と囚人」と言う心理学者が行った実験でも明らかではないかと思います。

人間の心の闇みたいなものかもしれませんね。

虐待防止法なんて法律をつくっても、虐待はなくならないと思います。

虐待を受けて育った人が親になれば、虐待をする親になる確率は高くなるでしょうね。

不満・欲求不満を抱えていれば、ハケ愚痴を見つけ出しあたってしまうかもしれませんね。

イギリスの上流階級の人は、シッターを雇うとき、その人がどのような環境で育ったかを重要視すると聞きました。

世の中から、弱者いじめをなくすには、人間教育ではないでしょうか。

弱者いじめが多くなっている理由の一つに、経済格差の広がりもあるのではないかと思います。

茨城県を見ても、土地の値段が上がっていて人口が増えているのは、つくば市の中心部とTX沿線だけのようです。

水戸市も石岡市も土浦市も、人口減で小中学校は統廃合が進んでます。

私の顧問税理士さんは、事務所は石岡市ですが、つくば市にお住まいです。

石岡市は、老人ホームと葬儀場の街とも言われているとのことです。

以前は、石岡市に丹羽狂四郎衆議院議員や息子の雄哉衆議院議員がおりましたが、今は石岡市に衆議院議員もいなくなりましたから、ますます廃れていくかもしれませんね。

地方を活気づけることができるのは、政治家ではないでしょうか?